第19回『このミス』大賞1次通過作品 虐待鑑定 ~秘密基地の亡霊~

児童虐待を鑑定する「臨床法医」
虐待の加害者が首吊り死体に
彼の経験した過去の事件とつながりはあるのか

『虐待鑑定 ~秘密基地の亡霊~』高野ゆう

 舞台は函館。函館医大の助教である真壁天は、法医学者として死体の司法解剖を手がけていた。生きた人間を相手にするのが苦手であるがゆえに、これを担当していたのだ。だが教授から、「臨床法医」と呼ばれる児童虐待を鑑定する仕事を押し付けられてしまった。押し付けられたとはいえ彼の観察眼は優秀なため、転んだという子どもが本当は殴られたのだということなどを見抜いていく。
 同時に、真壁天の過去も少しずつ語られる。彼が対人関係において問題を抱えているのには、小学生時代の体験に原因があった。彼は妹の繭、親友のハルとともに通学し、三人で作った秘密基地に寄り道していた。「首吊り婆」の噂がひろまる中、真壁天は秘密基地で首を吊られた死体を目撃してしまうのだ。今でも蘇るその光景。死体は親友のハルだったのだ。犯人は見つからず、事件は未解決となっていた。
 やがて、真壁天が以前鑑定した虐待事件の加害者が首吊り死体で発見される。その状況から、彼は自分の経験を思い出す。共通するのは「首吊り死体」。過去の事件と現在の事件に、果たしてつながりはあるのか……。
 児童虐待やその鑑定というテーマを扱っており、非常に現代的だ。物語の中では、様々な家族の形が描き出されていく。謎の配置や、明かされる真相もなかなかのもの。コミュニケーション能力に難はあるが鑑定においては腕利きの医者と、その妹との関係性もナイスだ。「都市伝説」や「イマジナリーフレンド」など、興味深い要素もちりばめられている。ややアンフェアではないかと思われる点もあったが、最後まで読めばそれも計算の上と納得できた。
 言葉の使い方にところどころ気になる点があったものの、簡単に修正できる範囲内だ。全体としては読みやすい文章であり、一次選考通過の実力は充分にあると判断した。

(北原尚彦)

通過作品一覧に戻る
作品を立ち読み