第8回『このミス』大賞 1次選考通過作品一覧

第8回を迎える本賞に、計350作品(うち二重投稿が判明した2作品は失格)のご応募をいただき、まことにありがとうございました。
1次選考を通過した作品は以下の21作品です。

1次選考通過作品一覧

『星と月と陽のめぐりに』 赤坂彦 『12月8日』 荒牧周平
『タローズ・プラン』 宇井旬 『正体』 上田文箱
『終宴』 鹿島我 『カバンと金庫の錯綜劇』 彼此屋圭市
『蛙男』 小林涼介 『9 —ナイン—』 シモムラ・タカヒロ
『愛しのリーゼ・マイトナー』 鈴木凜太朗 『鬼とオサキとムカデ女と』 高橋由太
『嘘800のイヌイくん』 多谷一香 『凍りのエピタフ』 谷門展法
『快楽的・TOGIO・生存権』 太朗荘史郎 『銀色の牙』 月村日音
『暁と闇と漆黒と』 塔野夏 『バイバイ、ドビュッシー』 中山七里
『災厄の季節』 中山七里 『許されし者たち』 旗本浩二
『ライオントリオ』 福井岳士 『死亡フラグが立ちました!』 古井盟尊
『太陽に向かって撃て』 森山五丈

1次選考通過作品

『星と月と陽のめぐりに』 赤坂彦(あかさか・げん)

彼の前から消えた女と、過去の幻影に現れる女。
二人の女を追う旅は、現代中国の暗部へ向かう。
洞窟の死体、失った記憶、垣間見える幻影が、独特の世界を創りあげる
作品講評


『12月8日』 荒牧周平(あらまき・しゅうへい)

極度の妄想壁がある保育士の青年、23歳。
殺し屋の父を持つという園児や、主人公の隣の部屋にある死体。
主人公の妄想はどんどん加速し、コントロール不能となって……
作品講評


『タローズ・プラン』 宇井旬(うい・じゅん)

悲惨な事故死を目撃する無職の青年。隣人に苛立つ女性と、連続殺人犯の自供。
それぞれの物語の中心には作者のシンボルが隠れ、
文体や構成の技法で勝負をかける志高い実験作
作品講評


『正体』 上田文箱(うえだ・ふばこ)

行方不明になった友人・正臣の部屋に残された20台以上の
携帯電話を頼りに行方を追う中で、彼の意外な一面が露になり始め……。
次々と起こるディープな展開に吸い込まれる、衝撃の復讐劇
作品講評


『終宴』 鹿島我(かしま・が)

見知らぬ携帯電話のせいで殺人容疑をかけられた男。
友人はその持ち主を捜し、刑事は現場となったバーの秘密を追う。
軽快な語りで読ませるスマートなサスペンス
作品講評


『カバンと金庫の錯綜劇』 彼此屋圭市(かこや・けいいち)

錯綜した人間関係がほぐれるにつれ全体像が浮かび上がる。
パチンコ業界を舞台にした、
小洒落た犯罪喜劇(クリミナル・コメディ)
作品講評


『蛙男』 小林涼介(こばやし・りょうすけ)

発生した2つの事件と、5年前に起きた生徒の自殺。
事件は巧みに絡み合い、混乱のなかで交渉が進められていく——。
自殺した小学生が遺した絵に描かれていた蛙男って、一体なんだ?
作品講評


『9 —ナイン—』 シモムラ・タカヒロ

人間並みの知能と身体能力を備えた中型犬、9(ナイン)。
それは、遺伝子操作によって生み出された実験動物だった——。
せつなく静かなラストが胸に迫る
作品講評


『愛しのリーゼ・マイトナー』 鈴木凜太朗(すずき・りんたろう)

ナチスの弾圧に晒されたユダヤ人科学者リーゼ・マイトナーは、
ドイツを脱出して研究を続けることを決意した。
運命に翻弄される研究者の後半生を綴った歴史ロマン
作品講評


『鬼とオサキとムカデ女と』 高橋由太(たかはし・ゆた)

憑き物筋の家を表す「オサキモチ」。
オサキモチの周吉は、その能力を駆使して事件を解決していく。
人のおそろしさを根底においた現代ホラー
作品講評


『嘘800のイヌイくん』 多谷一香(たたに・いちか)

願いを叶えてくれるという、幽霊のイヌイくん。
彼が出現するというハンバーガーショッップを探し当てた和人の願いは、
幼なじみで植物状態の茉莉花の願いを知ることだった
作品講評


『凍りのエピタフ』 谷門展法(たにかど・のぶひろ)

北極圏にできる氷の道を走るドライバーが、爆発事故に遭遇する。
事故に巻き込まれた少年と医師、そしてドライバーに迫るタイムリミット。
極北の地で繰り広げられる、シンプル故の力強さのある冒険行
作品講評


『快楽的・TOGIO・生存権』 太朗荘史郎(たろう・そうしろう)

山村から港町、大都会へと流浪を続ける主人公と稔。
少しずつ明かされる一風変わった世界観と
重苦しく展開される物語は、言葉では言い表しがたい魅力的な作品
作品講評


『銀色の牙』 月村日音(つきむら・ひおん)

女子大生殺害の凶器に使われたのは、ライオンの牙だった!
殺人現場を目撃した青木は、それ以来不思議な現象に悩まされる。
青木を鑑定した心理学者の朝永は、青木の病とある薬の存在に気づき——
作品講評


『暁と闇と漆黒と』 塔野夏(とうの・なつ)

魔物にとり憑かれることで魔力を身につける「魔党」たち。
我々のものとは異なる歴史をたどった昭和初期の大阪を舞台に、
大日本帝國のために働く、魔党の活躍を描く
作品講評


『バイバイ、ドビュッシー』 中山七里(なかやま・しちり)

多くのものを失いながらも、彼女はピアニストを目指す。
力強く爽快で行間からピアノの音色が立ち上る、
一人の少女の再生をかけた物語
作品講評


『災厄の季節』 中山七里(なかやま・しちり)

死体の傍らには、稚拙な文字による犯行声明。
連続殺人鬼「カエル男」の恐るべき凶行が、街をパニックに陥れる!
逆転に逆転が重なる暴走サイコ・スリラー
作品講評


『許されし者たち』 旗本浩二(はたもと・こうじ)

名前を次々と変える女と、女を題材に番組を作るテレビ局社員。
未解決事件を追う警官に、不倫に溺れるサラリーマン。
それぞれの視点を通して女の正体が明かされる、欲望と妄執のサスペンス
作品講評


『ライオントリオ』 福井岳士(ふくい・たけし)

奪われた三億円を取り戻せ!
コンゲームを仕掛ける一族と私立探偵、それを阻止しようとする美女と高校生。
二転、三転する大騒動を描くユーモア・サスペンス
作品講評


『死亡フラグが立ちました!』 古井盟尊(ふるい・あきたけ)

偶発的な事故を装って殺す、殺し屋の「死神」。
一方で、二人の刑事が17年前に起きた殺人事件の再調査を始め、
やがて二人は死神へと繋がっていく……
作品講評


『太陽に向かって撃て』 森山五丈(もりやま・ごじょう)

シリアで発生した、クルド人反政府組織による日本人誘拐事件。
この事件を解決すべく、特殊チームが現地に飛ぶ!
人間の醜さや凛々しさの他、山岳冒険小説の魅力も味わえる作品
作品講評

次回作に期待

あと一歩の作品に選考委員から一言