最終選考講評


大森望(おおもり・のぞみ)

ここまで両極端な対立は珍しい

 今回の最終選考にはバラエティ豊かな5作品がそろった。どれも、他のエンターテインメント系新人賞各賞で大賞または優秀賞が狙えるレベル。中村啓『霊眼』は日本ホラー小説大賞系(長編賞クラス)だし、塔山郁『毒殺魔の教室』はホラーサスペンス大賞、藤木裕子『臨床真理士』は横溝正史ミステリー大賞、春畑行成『GoB』は江戸川乱歩賞、山下貴光『屋上ミサイル』は小説すばる新人賞かメフィスト賞か……という具合。

 しかし、選考委員4人の票は面白いほど真っ二つに割れた。私と香山さんがAをつけた『屋上ミサイル』に、茶木さんと吉野さんは最低点のC評価。逆に、茶木・吉野がA評価の『臨床真理士』に、大森・香山はC評価。ここまで両極端に分裂するのも珍しい。

 『屋上ミサイル』に反対意見が出ることはうすうす予想していたが、まさか対抗馬に『臨床真理士』が浮上するとは思ってもいなかったので、まったく意外というしかない。

 対立のポイントは、ごく大ざっぱにいえば、ゲーム的リアリズムvs.自然主義リアリズムか。ひいては“小説に何を求めるか”という問題までからんでくるだけに、対立は一朝一夕に解消すべくもない。双方の陣営が、相手陣営の推す作品について「リアリティがない」と批判する展開になった。

 こうなったら徹夜してでもとことん闘うかと腹をくくりかけたところ、不穏な空気を察知した茶木委員が、「いくら議論しても埒が明かないから、じゃ、大賞2作ということで」と素早くまとめに入り、たしかにわざわざ無駄なエネルギーを使って将来に禍根を残すこともないよなあと考えて、納得はしないが諒承はすることにした。

 優秀賞2作に関してはそれほど揉めたわけでも、無理やり大盤振る舞いしたわけでもなく、質的に順当な受賞。それだけ今回の候補作の水準が高かったということで、アベレージは過去7回で最も高かったのではないか。

 以下、各作品について簡単にコメントする。

 無冠に終わった『GoB』は手慣れたタッチの誘拐サスペンス。完成度では、今年の某ミステリ新人賞の某受賞作より上だろう。ただし、文章、キャラクター、プロット、どれをとっても平均的で、セールスポイントに欠ける。減点法で採点する新人賞なら十分受賞できるレベルだが、今回この賞とは相性も巡り合わせも悪かった。

 『毒殺魔の教室』も完成度は高い。しかし、毒殺のモチーフが恩田陸『ユージニア』を連想させるうえに、小説推理新人賞受賞作を長編化した湊かなえ『告白』と構成が似すぎている偶然がマイナスに作用した。30年前の出来事なのに関係者の記憶力が良すぎるとか、後半の語りが作為的に見える欠陥も否めない。とはいえ、全体的には非常によくできたミステリで、筆力も充分。

 『霊眼』は、個人的にあまり好きになれないタイプの超自然ホラーだが、にもかかわらずぐいぐい読ませるストーリーテリングを買って(『毒殺魔の教室』ともども)全体で二番めに高く評価した。第三の目に関する蘊蓄はうまく処理されているし、科学とオカルトのブレンド具合も絶妙。けれんが滑らないのも立派。ただし、派手すぎる冒頭については、なぜ鳥葬にする必要があったのかよくわからないし、黒幕側の“計画”の実効性についても謎が多く、すべてが“読者を驚かせるため”の仕掛けに見えてしまう。その分、映像化には向いているし、ノンストップのローラーコースター型エンターテインメントとして大化けする可能性もある。『毒殺魔の教室』と合わせての優秀賞授賞に賛成した。

 続いて大賞作品。確信をもって最低点をつけた『臨床真理士』だが、前半はそれなりに面白く読めた。問題は後半。中盤、ヒロインが関係組織を訪ねて話を聞く段階で、読者には事件の真相がおおむね推測できてしまう。そこから先の展開はほとんど蛇足というか、長台詞による説明の連続が興を殺ぐ。B級色が強いクライマックスのアクションも疑問。どこを評価すべきなのか今もよくわからないが、4人のうち2人がこれだけ強く推したのだから、私には理解できない重大な美点がどこかに隠されているのだろう。あとは読者諸兄に判断を委ねたい。

 最後に『屋上ミサイル』について。読みはじめてすぐ、今回の大賞はこれだ! と確信し、その確信は最後まで揺るがなかった。

 まず、タイトルがいい(今回の候補作のうち、題名で興味をひかれたのはこれだけ)。米大統領が誘拐され、いつミサイルが飛んでくるかもわからない(伊坂幸太郎『終末のフール』的な)状況を設定したうえで学園ドラマを語るという枠組も面白い。文章に関しては、地の文の言葉遣いに粗が目立つが、センスはいい。さらにすばらしいのが会話とキャラ。屋上部の面々の掛け合いや、家族の会話(とくに中学生の弟とのやりとり)には、最良のライトノベルの楽しさに満ちている。キャラの魅力だけなら『チーム・バチスタの栄光』以上。できすぎた偶然が重なって複数の脇筋がひとつに重なる構成もよくできている。

 最大の難点は、中盤からあからさまに伊坂幸太郎的なモチーフが顔を出すこと。とくに殺し屋の設定と造形はエピゴーネンと言われても仕方がない。あえて派手なミステリにしなくても(拳銃だの殺し屋だの出さなくても)学園ドラマ+日常の謎でよかったのではないか。しかし、“伊坂幸太郎の二番煎じ”だけではない個性は充分に感じさせてくれたし、なにより小説の楽しさでは過去の大賞受賞作でも三本の指に入る。すばらしい。自信をもって推薦します。『屋上ミサイル』、この題名をお忘れなく。


香山ニ三郎

『屋上…』派と『臨床…』派に票が割れた結果…

 今年の最終候補作は5本。

 例によって、読んだもの順で取り上げていくと、春畑行成『GoB』は強盗傷害で服役していた男が出所した途端、出迎えにきたインテリ車泥棒ともども女子中学生誘拐事件に巻き込まれる。犯人の命令で被害者が現金輸送車から奪った大金を、被害者になり代わって犯人に受け渡す羽目になるのだ。かくして序盤からトップスピードの追跡戦が繰り広げられ、そこに犯人の正体、犯行動機をめぐる謎解きも絡んでくるが、とにかくこの作者は飛ばす飛ばす。ドライブのかかったそのストーリーテリングは抜群ではあるけど、主役ふたりの造型やら背景描写も飛ばし気味で、今ひとつ濃い読後感が得られなかった。枚数的にはまだまだゆとりがあるんだし、主要人物の内面にもう一歩踏み込んでもよかったかと。それともうひとつ、表題。予選での膳所善造の指摘がなかったら、無知なワタクシには意味不明のままだったろう。ネーミングは鋭く、わかりやすく、を心がけていただきたい。

 中村啓『霊眼』は赤子の遺体処理というショッキングな出だしから幕を開けた後、一ヶ月前に夫を自殺で失ったばかりのヒロインが今度はフリーライターの女友達が失踪したことを知らされる。どうやら彼女は赤子の処理に関わる事件を調べていたらしい。夫の死にまつわる生々しいフラッシュバックに悩まされてもいたヒロインは女友達が発掘したという女霊能者のもとを訪れるが……。この作者は去年も悪徳警官もので最終候補に残った実力派だが、今回まさかホラサスでチャレンジしてくるとは思わなかった。出だしのツカミ、ヒロインの追跡から次第に明らかになってくる失踪事件の異様な背景、赤子処理とそれを命じた黒幕の謎等、前作とは一転してじっくり描き込まれた力作で、ショック演出にも長けているが、途中から絡まってくるヒロインの過去の因果話はいらないような。

 山下貴光『屋上ミサイル』は米大統領を人質に取ったテロリストがいつ日本に核ミサイルを打ってくるかわからない情況下で、ひょんなことから自分たちの通う高校の屋上で意気投合した三人の男女が謎めいた事件に挑む。出だしの屋上場面は天童荒太『包帯クラブ』ふう、日本壊滅を前提にした世界作りは伊坂幸太郎『終末のフール』ふうで、既存作品の影響丸わかり的なところはいただけないし、死体写真等アブない落とし物をめぐる謎解きという主筋がなかなか進展しない辺りも少々じれったい。だが途中、不気味な殺し屋が出てくるあたりから乗せられ、前半の伏線が綺麗にはまってくる後半は随所で感心。未熟さとこなれた作法がまだ混在しているのは否めないが、読後の印象も好く、口当たりのいい青春活劇に仕上がっている。この作者には伊坂幸太郎とはまたちょっと違う延び代を感じるし、充分、授賞対象足り得よう。

 塔山郁『毒殺魔の教室』は30年前、ある地方の小学校の6年6組で児童が毒殺され、被害者の同級生が犯行を自供して自殺した事件の真相を、関係者の証言や手紙、小説を通してあぶり出していく犯罪サスペンス。最初は証言者の語り分けが今ひとつこなれていない感じだったが、報道とは異なる6年6組の実態が次第に明らかになるにつれ、違和感がなくなっていった。“恐るべき子供たち”的なテーマ設定はそのまま現代にもつながるし、その反面、子供たちの純粋さや哀しみも浮き彫りにしてみせたところは並々ならない技量といえよう。叙述に特徴はあるものの折原一的な仕掛けが凝らされているわけではなく、独自の個性というところで今ひとつ薄い面はあるが、これまた技巧上等の佳作といえよう。

 最後の藤木裕子『臨床真理士』も序盤からスリリング。福祉養護施設で少女が手首を切って救急車が呼ばれるが、彼女は病院に着く前に死亡、付き添っていた青年はパニックになって交通事故を引き起こす。四ヶ月後、その青年を担当する女性臨床心理士は何とか彼の心を開こうと苦労していた。やがて彼が発する言葉がきっかけで彼女は青年が共感覚的な能力を具えていることを知り、彼の協力で冒頭の少女の死の真相に迫ることに。出だしは快調だけど、弱者への虐待をテーマにしたストーリー展開は概ね予想通り。重い統合失調症と診断された青年がヒロインとともに捜査に乗り出したり、共感覚への言及が見られないなど引っかかる点も少なくない。官能描写等、いたく引き込まれる場面があったのも事実だが、ワタクシとしてはもう一作、別の作品で実力のほどを見せてほしいかと。

 というわけで、個人的には『屋上ミサイル』を本命とし、『霊眼』と『毒殺魔の教室』をすくうつもりで選考会に望んだが、『屋上ミサイル』派と『臨床真理士』派に票が割れた結果、二作授賞と相なった。当初の目的は果たせたのであえて異は唱えなかったが、『GoB』だけ賞外になってしまって残念。春畑さんはすでにプロ並みの力を具えているし、来年は今回の1.5倍の大作でぎゃふんといわせて下さい。


茶木則雄

書きたいものを持ち、それを伝えたいという、内なるパトスを感じさせる作品

 今回ほど極端に評価が分かれた年はない。大賞候補となるA評価が付いたのは『臨床真理士』『屋上ミサイル』の2作。前者は私と吉野委員が、後者は大森委員と香山委員が推し、2対2のふたつに割れた。問題は、双方が推す大賞候補に、片方が対象外のC評価を付けたことだ。誰かひとりでも、議論の余地ありというB評価がいれば、文字通り議論も余地もあっただろう。しかしこうなると、一晩中話し合ったところで一本にまとまる可能性はない。

 ここ数年、大森・香山vs.茶木・吉野という対立の傾向が顕著になりつつあった。12歳での受賞を廻り議論となった『殺人ピエロの孤島同窓会』しかり、プロの応募者を受賞の対象にするかどうかで揉めた『林檎と蛇のゲーム』しかりである。これは小説観の違いからくるものだ。人の小説観が十人十色であるように、選考委員の小説観もさまざまな点で違う。端的なのは紙上のリアリティや蓋然性を廻る議論だろう。

 私が『屋上ミサイル』を評価できないのは、物語の骨格が偶然や作者の都合によって成り立っているからである。合衆国大統領がテロ組織に拉致され、世界各国にミサイルが撃ち込まれる危険性がある、という物語の設定には何の違和感もない。殺し屋が出てこようが、その殺し屋が標的の写真を落とそうが、それを高校生がたまたま拾おうが、そこに説得力があれば、つまりその後の展開でリアリティを感じさせてくれれば、問題はないのである。現実的なリアリティの話をしているのではない。あくまでも小説上のリアリティだ。その意味でこの作品に及第点を与えるのは難しい。たまたまや偶然が重なりすぎるからである。たまたまある人物に目撃された、出遭った人物が偶然に関連する情報を持っていた、というのでは、読み手の腰が砕けてしまう。その偶然を、あっても不思議ではない偶然にする——蓋然性を高める——ことに腐心するのが、小説でないのか。ご都合主義が如実に感じられるような作品を、私は評価することはできない。それでも最終候補に残ったのは、キャラクター造形や語り口に見るべきものがあったからだ。そこが、同様にご都合主義を指摘されて落選した他の候補作との大きな違いだろう。ダブル受賞を推進した所以でもある。

 もうひとつの評価軸の違いは、テーマ性かもしれない。どんなテーマであれ、何かを真摯に伝えたいという気概を持った作品を、私は買う。『臨床真理士』は障害者の性的虐待と福祉利権をテーマに据えた小説だが、書きたいものを持ち、それを伝えたいという、内なるパトスを感じさせる作品だった。筆力があり、人物造型も巧みである。女性主人公が臨床心理士を目指す背景や、共感覚を持つ青年の苦悩と疎外感が、丁寧な筆致で描かれていることにも、好感を覚えた。自分がその人物の立場なら同じような行動をとっても不思議ではない、と感じさせる説得力が、この小説にはあるのだ。それぞれの人物の立場で、作者の目配りがしっかりなされているのである。犯人が絞られやすいという瑕疵はあるが、サスペンスの王道を行くかのような、真相が判明する瞬間の緊迫感は、特筆に値すると思う。醜悪なテーマを見事なサスペンスに仕立て上げた力量を、私は高く評価したい。

 優秀賞に選ばれた『霊眼』『毒殺魔の教室』の作者には、ご同情申し上げるとしか言いようがない。今年のような粒揃いの年でなければ、あるいは大賞に選ばれた可能性もあったと思う。少なくとも、ダブル優秀賞で賞金が半額ということはなかったはずだ。『霊眼』は過去のホラー小説大賞の長編賞と比較しても遜色ない出来栄えで、ホラーとしての完成度はかなり高い。ことに冒頭の描写は凄絶極まりなく、その印象度は抜群だった。惜しむらくは展開がありきたりで、斬新さを打ち出せなかった点だ。この作者の作品を2年連続読んだが、充分プロでやっていける才能を持った人だと思う。『毒殺魔の教室』は既存作品と趣向が被りすぎたのが不運。恩田陸の『ユージニア』だけならまだしも、2008年刊行された湊かなえ『告白』の印象が強烈で、割をくった観は免れない。ただエピローグの余韻は深く、全体的に小説としてのコクを感じさせる作品だった。この人も、別の作品を読んでみたいと思わせる力量を、充分に具えていると思う。

 唯一、受賞の対象外となった『GoB』だが、造りが浅い印象を受けた。捜査一課の強行班や特殊班に関する描写は、そのエピソードも含めて、あまりに毛利文彦『警視庁捜査一課特殊班』に寄りかかりすぎている。一般的に言えることだが、じっくり調べ、しっかり書き込んだ応募作を、私は期待する。

 最後に、対決軸が鮮明になった選考会の今後だが、決して仲が悪いわけではない。これからも、議論すべきところはとことん議論していきたいと思う。


吉野仁

選考はどこまでも平行線に……

 最終選考に残った5作品を読んで感じたのは、水準の高さだ。もちろん、それぞれに欠点や問題点はあるのだが、新人賞の候補作としては群を抜いている。

そんななか、わたしがもっとも高く評価したのは、藤木裕子『臨床真理士』だった。文章や会話、人物描写、冒頭のつかみや中盤のサスペンスなど、すべて違和感なく読むことができた。素晴らしい。

 ただし問題はストーリー。とくに後半の展開があまりにも予定調和だった。そのままするすると犯人に行き当たり、解決してしまう。フラッシュメモリーに隠された真相を探る展開もいささか陳腐だ。ジェフリー・ディヴァー並みとはいわないが、いわゆる「マクガフィン(ミステリー的仕掛け)」をめぐる迫真の攻防や逆転劇がほしいところ。また、できれば事件そのものが、現代社会特有の歪みや現象を反映しているなど「いま」を感じさせるものであれば言うことなし。それでも基本的な部分の筆致の巧さに加えて、ヒロインの危機を描いた場面がとても良い。迫力がある。事件にこだわる人たちの思いや行動を「人ごとでない」と感じさせるエピソードもちゃんと盛り込んでいる。今後も大いに期待できるということで、とくに大賞受賞を推した。即戦力の実力派で将来性のある書き手であることは間違いない。

 逆にさっぱりダメだったのが『屋上ミサイル』。伊坂幸太郎をまんま真似たような設定や科白まわしが鼻につく青春小説。ご都合主義の展開ばかりで、ミステリーとしての興趣もなくサスペンスとしての興奮もない。

 なぜか某国大統領が拉致監禁され、東京にミサイルが撃ち込まれるかもしれないというとき、主人公らが「屋上部」をつくる。ここまではいい。だが、「国重」がたまたま公園で拾った写真の裏に名前が書いてあって、その人物が物語に関係してくるのはどうか。もうひとりの「沢木」は、よりによって拳銃を拾う。すべて都合よく人物や設定がお膳立てされていくのだ。あまりに安易。

 たしかに会話、人物などは分かりやすい(ただし、ところどころくどい調子の地の文が目立った)。もしも伊坂幸太郎という作家が存在していないのなら、この味わいを大いに買うところだが、明らかにイミテーションの域を出ておらず、ミステリーとしてご都合主義だらけ。わたしはなんらいい評価を与えることはできなかった。

 にもかかわらず、他の選考委員がこの作品を高く評価し、逆に『臨床真理士』に対しては最低点だったため、選考はどこまでも平行線をたどることとなった。『臨床真理士』の後半がいまひとつでなければ、これを大賞一本にこだわって強く推すところだが、結果として二作大賞となった次第。『屋上ミサイル』の作者山下貴光さんは、今後ぜひとも自分なりの個性とご都合主義ではないストーリーを作りあげてほしい。

 一方、わたしが『臨床真理士』に次ぐ高評価を下したのは、塔山郁『毒殺魔の教室』である。こちらの最大の欠点は、章ごとに書き手が異なるのに、みんな同じ調子の文章になっているところ。あまりに不自然。しかしそれをのぞくと、とても好感のもてる書きぶりだ。恩田陸『ユージニア』という先行作品があるものの、単なる二番煎じという感じはしない。全体の実力を買って優秀作とした。

もう一作の優秀作、中村啓『霊眼』は、昨年の候補作『彷徨える犬たち』とは打って変わってホラー小説である。どうやらこの人は、ジャンルの典型を枠に、その要素を過剰に盛り込めば成立すると安易に考えているようだ。今回の『霊眼』もやたらグロテスクな冒頭場面だったり、「ぎぃゃあああああっ!」などと大きな書体で原稿に印字されていたり、まったくこけおどしが多い。ただし、そうした押しつけがましさも含めて、筆力のあることは確かだ。今後いい意味で化けてくれることを期待して、優秀作受賞に同意した。

 残念ながら一作だけ賞からもれてしまった春畑行成『GoB』だが、決して悪くはない。わたしは五作中三番目に高い評価をくだした。おそらく何か足りないのだ。そこそこうまく書いてはいるが、ケレンか技巧か驚きかひねりかを大胆に加えないかぎり、軽々予選を通過することはあっても、大賞は難しい。ぜひともその点をクリアして新たな作品を応募していただきたい。

 ともあれ、ほとんどのプロ作家は、刊行前にいくども書き直しをしている。また小説を知り尽くした編集者のきびしい目が入って、書き直させられる場合もある。ときに結末を含めた大部分を書き替えることもあるようだ。新人賞応募者は、最低いちどはプリントアウトして読み直し、誤字脱字や読みづらい文章の訂正くらいはすべき。最終候補作ですら、それらの目立つ作品があるのは残念だ。まして大賞を受賞したいのならば、いまいちど、ご都合主義やお約束どおりの陳腐な展開(物語にあわせた偶然の連続など)がないようストーリーを練ってほしい。その判断は、豊富な読書体験から得られるだろう。