選考委員紹介

1次審査委員プロフィール


北原尚彦(きたはら・なおひこ)

1962年、東京都生まれ。青山学院大学卒。
小説はヴィクトリア朝を舞台にしたミステリ幻想短篇集『首吊少女亭』(出版芸術社)等。エッセイは『SF奇書天外』(東京創元社)、『シャーロック・ホームズ万華鏡』(本の雑誌社)等。アンソロジー『日本版シャーロック・ホームズの災難』(論創社)も編集。最近ではムック『別冊宝島 僕たちの好きなシャーロック・ホームズ』を監修。現在、ヴィクトリアン第二短篇集を準備中。
「北原尚彦の書物的日常」
http://homepage3.nifty.com/kitahara/


膳所善造(ぜぜ・ぜんぞう)

1963年、愛知県生まれ。慶応義塾大学卒。
「ジャーロ」や「ミステリマガジン」などで、新刊翻訳ミステリのレビューを担当。共著に『名探偵ベスト101』『ミステリベスト201』『日本ミステリー辞典』等。

長らく入手困難だったドナルド・A・スタンウッドの傑作ミステリー『エヴァ・ライカ―の記憶』が8月に復刊、解説を書いてます。映像・活字を問わず、(タイタニック)を舞台にしたあらゆる娯楽作品の中の最高峰ですので、ぜひ一読のほどを。


杉江松恋(すぎえ・まつこい)

1968年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒。

近況報告はhttp://homepage3.nifty.com/sugiemckoy/にて。


古山裕樹(ふるやま・ゆうき)

1973年、大阪府生まれ。慶応義塾大学卒。
「ミステリマガジン」「週刊読書人」などに書評・解説を執筆。

地震で本の下敷きになった人が亡くなった事故が報じられてから、家族や知人に「お前のところは大丈夫か」と問われることが増えた。心配してくださるのはありがたいことだ。人が下敷きになるほど高くは積んでいないが、そのせいで床面積を取られて家が手狭になっているような気がしないでもない。

ごくまれに、近況などをhttp://bookstack.jp/に記している。


村上貴史(むらかみ・たかし)

1964年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒。
「ミステリマガジン」に日本人作家インタヴューを、「迷宮解体新書」を今年から連載開始。旧連載と合計すると、そろそろ100人目のゲストを迎えることになる。著作は『ミステリアス・ジャム・セッション』(インタヴュー集)、『名探偵ベスト101』(編著)。共著は『ミステリ・ベスト201』『日本ミステリー事典』他。

2次審査委員プロフィール


千街晶之(せんがい あきゆき)

1970年、北海道生まれ。立教大学卒。
1995年、第2回創元推理評論賞を受賞。
長篇評論から書評、文庫解説、インタヴュアーとしての仕事まで手広く引き受けている。
2004年、『水面の星座 水底の宝石』で第4回本格ミステリ大賞評論・研究部門と第57回日本推理作家協会賞評論・その他部門を受賞。著書は他に『ミステリを書く!』『怪奇幻想ミステリ150選』、共著に『ニューウェイヴ・ミステリ読本』『本格ミステリの現在』『日本ミステリー事典』『ミステリーがわかる。1955-2001』など。


茶木則雄(ちゃき のりお)

1957年、広島県生まれ。青山学院大学中退。
ミステリー専門書店「ブックス深夜プラス1」店長を経てフリーに。
新聞、雑誌などで幅広く執筆活動を続けるが、2002年より書店業界に復帰。
現在、ときわ書房本店店長として二足の草鞋を履く。
著書にエッセイ集『帰りたくない!』(本の雑誌社)。


村上貴史(むらかみ たかし)

1964年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒。
「ミステリマガジン」に日本人作家インタヴューを、「迷宮解体新書」を今年から連載開始。 旧連載と合計すると、そろそろ100人目のゲストを迎えることになる。著作は『ミステリアス・ジャム・セッション』(インタヴュー集)、『名探偵ベスト101』(編著)。共著は『ミステリ・ベスト201』『日本ミステリー事典』他。

最終審査委員プロフィール


大森望(おおもり のぞみ)

11961年、高知県生まれ。京都大学卒。
翻訳家・評論家。
著書に『特盛!SF翻訳講座』(研究社)『現代SF1500冊 乱闘編』『同・回天編』(太田出版)、『文学賞メッタ斬り!』『同・リターンズ』(豊崎由美と共著、PARCO出版)など。編訳のスタージョン『不思議のひと触れ』『輝く断片』(河出書房新社)のほか訳書多数。
ウェブサイトURL http://www.ltokyo.com/ohmori/


香山二三郎(かやま ふみろう)

1955年、栃木県生まれ。早稲田大学卒。
コラムニストとして、社評を中心に執筆。「小説推理」等でミステリーガイドを担当する他、スカイパーフェクTV「ミステリチャンネル」のブックナビ「これがイチオシ」でもキャスターを務める。


茶木則雄(ちゃき のりお)

1957年、広島生まれ。青山学院大学中退。
ミステリー専門書店「ブックス深夜プラス1」店長を経てフリーに。新聞、雑誌などで幅広く執筆活動を続けるが、2002年より書店業界に復帰。現在、ときわ書房本店店長として二足の草鞋を履く。著書にエッセイ集『帰りたくない!』(光文社知恵の森文庫)。


吉野仁(よしの じん)

1958年、東京生まれ。中央大学卒。
「小説すばる」「小説宝石」のほか各誌で書評を執筆。著書に『ミステリ・ベスト201日本篇』(共著、新書館)、『日本ミステリー事典』(同、新潮社)など。