第20回『このミス』大賞・文庫グランプリ受賞作品 館と密室

『館と密室(仮題)鴨崎暖炉(かもさき・だんろ)

【あらすじ】

密室殺人が多発するパラレル日本で
少女が数々のトリックを暴く”密室づくし”の意欲作

最終選考委員コメント

「連発される密室トリックの中ではドミノの密室がイチ推し。本格ミステリ刊行 ラッシュの中に割って入るだけの力はありそうだ」
大森望


「密室殺人尽くし趣向が楽しい。主役の二人を始めキャラ設定もいかにもマニアックでかつ軽快」
香山二三郎


「これでもかというくらい密室ネタを盛り込んで、遊び心たっぷり。探偵役となる少女も謎めいていて魅力的、彼女の過去についても興味を持たせる。登場人物の属性に絡んだ名前などユーモアもたっぷり」
瀧井朝世

鴨崎暖炉(かもさき・だんろ)受賞コメント

受賞者名
小説を書き始めたのは確か二十三歳の時で、その時は漠然と三十歳までにはプロになれると思っておりました。でも、三十を過ぎてもいっこうに目が出ず、「もう無理なのかなぁ」と諦めかけていた時に今回の朗報。嬉しい反面、現実味がなく、狐に摘ままれたようなふわふわとした日々を過ごしております。