第4回『このミス』大賞 1次通過作品

『チーム・バチスタの崩壊』 海堂 尊

 これから作家になろうという人は、作品を書くに当たって自分のよく知っている事柄を書こうとしがちである。テーマが、自分の現在(もしくは過去)の職業と密接に関わっているとか、主人公が書き手の現況(フリーターだったり主婦だったり)そのままだとか。

 だが作家というものは、そういったところに想像力や取材力を発揮するのが基本なのは、当然のことだ。だから、安易に自分の知っている範囲で書こうとしている人の作品は、どうしても一歩引いた眼で読んでしまう。

 この『チーム・バチスタの崩壊』も最初はそうだった。作者は、医学関係の職業に従事している。作品は、大学病院を舞台に、手術中の患者の死に関する謎を描いたもの。それゆえ、申し訳ないが余り期待しないで読み始めた。だが読み進めるにつれ、この作品では作者の持つ特殊知識をなかなかうまく生かしているではないか、と思い始めたのだ。

 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術である「バチスタ手術」の専門チームを作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者の田口公平だった……という設定。

 この田口公平が語り手なのだが、探偵役にもなるのかと思いきや、後半になって真の探偵役――白鳥圭輔が登場する。語り手はやはりワトソン役だったのだ。

 この語り手および探偵役をはじめ、キャラクターをうまく造型しているのには感心させられた。平板な書割的存在にならず、思わず「おっ」と思わせるキャラたちなのだ。

 作者の海堂尊氏は、これからの日本における医学ミステリの担い手となっていく人物かもしれない。

(北原尚彦)

通過作品一覧に戻る
作品を立ち読み