『このミス』大賞とは

大賞賞金:1,200万円 / 大賞作品書籍刊行
優秀賞賞金:200万円 / 優秀賞作品書籍刊行

本大賞創設の意図は、面白い作品・新しい才能を発掘・育成する新しいシステムを構築することにあります。ミステリー&エンターテインメントの分野で渾身の一作を世に問いたいという人や、自分の作品に関して書評家からアドバイスを受けてみたいという人を、インターネットを通して読者・書評家・編集者と結びつけるのが、この賞です。
『このミステリーがすごい!』など書評界で活躍する著名書評家が、読者の立場に立ち候補作を絞り込むため、いま読者が読みたい作品、関心を持つテーマが、いち早く明らかになり、作家志望者の参考になるのでは、と考えています。また1次選考に残れば、書評家の推薦コメントとともに作品の冒頭部分がネット上にアップされ、プロの意見を知ることができます。これも、作家を目指す皆さんの励みになるのではないでしょうか。

過去大賞作品一覧

  • 第1回大賞作品『四日間の奇跡』
  • 第1回大賞作品
  • 『四日間の奇跡』
  • 浅倉卓弥
  • 第1回大賞作品『逃亡作法』
  • 第1回大賞作品
  • 『逃亡作法』
  • 東山彰良
  • 第2回大賞作品『パーフェクト・プラン』
  • 第2回大賞作品
  • 『パーフェクト・プラン』
  • 柳原 慧
  • 第3回大賞作品『果てしなき渇き』
  • 第3回大賞作品
  • 『果てしなき渇き』
  • 深町秋生
  • 第3回大賞作品『サウスポー・キラー』
  • 第3回大賞作品
  • 『サウスポー・キラー』
  • 水原秀策
  • 第4回大賞作品『チーム・バチスタの栄光』
  • 第4回大賞作品
  • 『チーム・バチスタの栄光』
  • 海堂 尊
  • 第5回大賞作品『ブレイクスルー・トライアル』
  • 第5回大賞作品
  • 『ブレイクスルー・トライアル』
  • 伊園 旬
  • 第6回大賞作品『禁断のパンダ』
  • 第6回大賞作品
  • 『禁断のパンダ』
  • 拓未 司
  • 第7回大賞作品『臨床真理』
  • 第7回大賞作品
  • 『臨床真理』
  • 柚月裕子
  • 第7回大賞作品『屋上ミサイル』
  • 第7回大賞作品
  • 『屋上ミサイル』
  • 山下貴光
  • 第8回大賞作品『トギオ』
  • 第8回大賞作品
  • 『トギオ』
  • 太朗想史郎
  • 第8回大賞作品『さよならドビュッシー』
  • 第8回大賞作品
  • 『さよならドビュッシー』
  • 中山七里
  • 第9回大賞作品『完全なる首長竜の日』
  • 第9回大賞作品
  • 『完全なる首長竜の日』
  • 乾 緑郎
  • 第10回大賞作品『弁護士探偵物語 天使の分け前』
  • 第10回大賞作品
  • 『弁護士探偵物語 天使の分け前』
  • 法坂一広
  • 第11回大賞作品『生存者ゼロ』
  • 第11回大賞作品
  • 『生存者ゼロ』
  • 安生 正
  • 第12回大賞作品『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』
  • 第12回大賞作品
  • 『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』
  • 梶永正史
  • 第12回大賞作品『一千兆円の身代金』
  • 第12回大賞作品
  • 『一千兆円の身代金』
  • 八木圭一
  • 第13回大賞作品『女王はかえらない』
  • 第13回大賞作品
  • 『女王はかえらない』
  • 降田 天
  • 第14回大賞作品『ブラック・ヴィーナス』
  • 第14回大賞作品
  • 『ブラック・ヴィーナス』
  • 城山真一
  • 第14回大賞作品『神の値段』
  • 第14回大賞作品
  • 『神の値段』
  • 一色さゆり
  • 第15回大賞作品『がん消滅の罠 完全寛解の謎』
  • 第15回大賞作品
  • 『がん消滅の罠 完全寛解の謎』
  • 岩木一麻
  • 第16回大賞作品『オーパーツ 死を招く至宝』
  • 第16回大賞作品
  • 『オーパーツ 死を招く至宝』
  • 蒼井 碧


2002年に開設された『このミステリーがすごい!』大賞からは、第153回直木賞を受賞した東山彰良氏や、第15回大藪春彦賞を受賞した柚月裕子氏、累計1000万部突破の「チーム・バチスタの栄光」シリーズの海堂尊氏などの作家を輩出しています。また、受賞作品からは多くのベストセラーが誕生し、『がん消滅の罠 完全寛解の謎』(岩木一麻・2018年テレビドラマ化)、『さよならドビュッシー』(中山七里・2013年映画化、2016年テレビドラマ化)、『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』(梶永正史・2016年テレビドラマ化)、『一千兆円の身代金』(八木圭一・2015年テレビドラマ化)、『果てしなき渇き』(深町秋生・2014年映画化、映画タイトル『渇き。』)など映像化作品も送り出しています。『このミス』大賞出身作家たちは、ますます活躍の場を広げています。
『このミス』大賞は次世代のエンターテインメント作家を応援しています。