第18回『このミス』大賞 選考委員紹介

1次審査委員プロフィール


宇田川拓也(うだがわ・たくや)

1975年、千葉県生まれ。
ときわ書房本店(JR船橋駅南口前)勤務。文芸書、文庫、ノベルス、サブカル担当。横溝正史と大藪春彦を神と崇めるミステリ偏愛書店員。勤務のかたわら、文庫解説の執筆や「ミステリーズ!」、「STORY BOX」にて新刊レビューを連載中。


川出正樹(かわで・まさき)

1963年、愛知県生まれ。
翻訳ミステリ総合サイト「翻訳ミステリー大賞シンジケート」等でレビューを執筆。毎月、本のサイト〈book@holic〉http://www.bookaholic.jp/ の「翻訳メ~ン」コーナにて、翻訳マン1号として、翻訳マン2号・杉江松恋と翻訳小説オススメ本紹介対談を実施中。


北原尚彦(きたはら・なおひこ)

1962年、東京都生まれ。青山学院大学卒。
小説は日本推理作家協会賞候補となった『シャーロック・ホームズの蒐集』(創元推理文庫)や『ジョン、全裸連盟へ行く』(ハヤカワ文庫)、『ホームズ連盟の事件簿』(祥伝社文庫)などのホームズ・パスティーシュや、『首吊少女亭』(角川ホラー文庫)、『死美人辻馬車』(講談社文庫)などのヴィクトリア朝を舞台にしたミステリ・幻想小説を得意とする。エッセイは『シャーロック・ホームズ 秘宝の研究』(宝島社SUGOI文庫)等。翻訳はキム・ニューマン『モリアーティ秘録(上・下)』(創元推理文庫)等。編書『シャーロック・ホームズの古典事件帖』(論創社)で日本シャーロック・ホームズ大賞を受賞。
(北原尚彦Twitter → http://twitter.com/naohikoKITAHARA)


杉江松恋(すぎえ・まつこい)

1968年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒。
最近ではミステリーに限らず小説全般にわたって書評活動を行っています。近著に、『路地裏の迷宮踏査』(東京創元社)、『読み出したら止まらない海外ミステリーマストリード100』(日経文芸文庫)、『東海道でしょう!』(藤田香織との共著。幻冬舎文庫)、『ミステリマガジン700 海外篇』(ハヤカワミステリ文庫。編著)、『ウロボロス ORIGINAL NOVEL』(新潮文庫。神崎裕也原作)、『絶滅危惧種、講談師を生きる』(神田松
之丞との共著。新潮社)、『ある日うっかりPTA』(角川書店)、『桃月庵白酒と落語十三夜』(桃月庵白酒との共著。角川書店)などがある。


土屋文平(つちや・ぶんぺい)

1951年、岡山県生まれ。慶應義塾大学卒。大手出版社で文芸担当後、定年退社。在社中に小学館「本の窓」で10年間海外ミステリー紹介ページの連載、御茶ノ水女子大で8年間クリエイティブ・ライティングの講師のアルバイト。現在は神保町の小さな出版社に不定期勤務。


福井健太(ふくい・けんた)

1972年、京都府生まれ。早稲田大学卒。「読楽」「SFマガジン」などで小説とコミックのレビューを担当。著書に『本格ミステリ鑑賞術』『本格ミステリ漫画ゼミ』などがある。


古山裕樹(ふるやま・ゆうき)

1973年、大阪府生まれ。慶応義塾大学卒。「ミステリマガジン」などに書評・解説を執筆。


村上貴史(むらかみ・たかし)

1964年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒。『ミステリマガジン』に作家インタヴュー「迷宮解体新書」を、『小説新潮』に書評「本の森」を連載中。著作は『ミステリアス・ジャム・セッション』(インタヴュー集)、『名探偵ベスト101』(編著)。共著は『ミステリ・ベスト201』『日本ミステリー辞典』他。その他、文庫解説多数。