第17回『このミス』大賞 次回作に期待 土屋文平

『緋色の胡蝶』中谷ヤスヒロ
 
 大手学習塾の英語教師の女性が主人公で、同僚教師や生徒や父兄の絡む事件が起きるという物語。文章がしっかりしているから読みやすく、受験のための用語など鏤められているディテールも感心しました。人間をきちんと書こうという姿勢も好感が持てます。
 ただ世界が塾の内部に限られているのと、事件が生徒の母親が殺されるというひとつだけなのが物足りなくて、迷いながらも残念ながら今回は見送ることにしました。事件解決後の処理の仕方は人間的で、実力はおありですから、これからもぜひ世界を広げて挑戦し続けていただきたいと感じました。
通過作品一覧に戻る