第16回『このミス』大賞1次通過作品 田村和大

手堅い警察小説に練り込まれた非常識な発想。DNAを疑い始めた警部補は、前代未聞の捜査を推し進めていくことになる――犯人たちの目的とは?

『自白採取』田村和大

 警察小説である。数多くの新刊が発表され続けている分野だが、この作品は、そのなかでも新鮮な魅力を備えていた。
 ある女性が殺害された事件は、山下という男が犯人として出頭したことで一応の決着をみる。山下のDNAも現場の痕跡と一致していた。その結論に疑義を挟んだ警視庁捜査一課の飯綱警部補は、この事件の担当を外され、交通事故の捜査に回された……。
 こんな具合に始まる本作は、その後、DNA鑑定を巡ってかなりアクロバティックに進んでいくのだ。そのなかには、“DNAの一致が人物の特定において絶対的に機能するのか”といった問いさえある。一般に警察小説では、犯行現場から得られたDNAと容疑者のDNAが一致すれば、それをもってその人物が現場にいたことを疑わないが、本書の登場人物たちは、それを疑うのだ。そこが新鮮である。
 とはいえ、彼等とて疑うために疑っているのではない。他の証拠からの調査を進めた結果として、疑うのだ。結果として、DNA鑑定に関する疑問は、さらに“常識外れ”の調査や推理を進める必要性を生じさせるのである。大風呂敷がさらに大風呂敷として拡がっていく。ハラハラするほどに。
 そうした方向に進みつつも、警察小説としての書きっぷりは、実に落ち着いている。それ故に、アクロバティックなのだ。非常識に突っ走るだけならシンプルだが、それを、まっとうな警察小説に同居させることは、相当に困難。それをこの作者は見事にやり遂げている。
 しかもだ。ここが肝心なのだが、作者は着地もやってのけたのだ。さんざん拡げた大風呂敷を、最後に畳んだのである。警察小説の世界と矛盾しないかたちで。お見事。
 また、DNAをはじめとして様々な知識が本書には投入されているが、それがきちんと作者なりに消化されているのが嬉しい。読者は作者がどれだけ勉強したかを知りたいのではない。勉強の結果は、作品に最適な分量で投入されていればよいのだ。この書き手は、それをしっかりと行っていた。
 あえていえば、犯人の動機の説得力がもう少し欲しかったように思う。全体の完成度という観点で、ここだけが幾分へこんでいるように見えてしまうのだ。
 そのあたりを含め、二次選考でどう評価されるか。一次選考としては、躊躇なく合格だ。

(村上貴史)

通過作品一覧に戻る

作品を立ち読み