第15回『このミス』大賞 2次選考通過作品一覧

2次選考の結果、最終候補作は以下の7作に決定しました。
選評には、選考通過のポイントや弱点の指摘などが、的確に書かれています。作品を選ぶ、選考委員の“生”の声ですので、作家志望の方にとっては有益なアドバイスになると思います。今回惜しくも選にもれた方、次回への応募をお考えの方には、ぜひ目を通していただければと思います。

2次選考通過作品一覧

『縁見屋の娘』三好昌子
『沙漠の薔薇』薗田幸朗
『パスワード』志駕晃
『変死区域』田内杏典
『クルス機関』森岡伸介
『救済のネオプラズム』岩木一麻
『小さいそれがたくさんいるところ』綾見洋介

2次選考コメント

2次選考通過作品

『縁見屋の娘』三好昌子

悪縁により生い先短い不運な娘を救うべく、
謎の修験行者が施す大いなる“秘術”とは?
1次選考講評作品を立読み


『沙漠の薔薇』薗田幸朗

イランの核燃料開発施設をめぐる
査察官と女スパイの冒険譚
1次選考講評作品を立読み


『パスワード』志駕晃

スマホを拾ったハッカー殺人鬼の魔手が迫る
ネット社会の恐怖を描くサイバーサスペンス
1次選考講評作品を立読み


『変死区域』田内杏典

連続猟奇殺人事件の犯人として自首してきた警察官の真意は何か?
六十年代初頭のデトロイトを舞台に、不変的なテーマを描いた警察小説
1次選考講評作品を立読み


『クルス機関』森岡伸介

日本に潜伏している北朝鮮の工作員が
大規模破壊工作を画策している――
果たして、独断専行の外事課捜査官はテロを防げるか
1次選考講評作品を立読み


『救済のネオプラズム』岩木一麻

余命半年の宣告を受けた患者たち
半年後、彼らの身体からがんは消え去っていた
一体がん治療の世界で何が起こっているのか
1次選考講評作品を立読み


『小さいそれがたくさんいるところ』綾見洋介

母の遺言に従って尋ねた男は一家惨殺事件に巻き込まれ30年前に死亡
北海道を舞台に古今に張り巡らされた数々の謎が襲う
1次選考講評作品を立読み