第15回『このミス』大賞 1次通過選考通過作品一覧

第15回を迎える本賞に、計449作品のご応募をいただき、まことにありがとうございました。
1次選考を通過した作品は以下の21作品です。

1次選考通過作品一覧

『縁見屋の娘』三好昌子 『魔術師』新月座
『信長の首』破屋酔雲 『眠りの海の子供たち』澤江晋平
『紋白蝶は高貴に散る』近藤健四郎 『沙漠の薔薇』薗田幸朗
『十四体目の幽霊』富士登湖雪 『汽水域』綾稲ふじ子
『レジスタント・セル』新井春葉 『青春は、『レル』なしでは語れない』中川つちか
『萬朝報怪異譚――幸徳秋水の狐落とし』松野未加子 『パスワード』志駕晃
『変死区域』田内杏典 『愚者のスプーンは曲がる』桐山徹也
『クルス機関』森岡伸介 『リサーチャー石井の事件簿 ~仮面ちゃん殺人事件~』小野高義
『暗号遺言』遊民凡吾 『物語の終わり』君野新汰
『救済のネオプラズム』岩木一麻 『クライム&パニッシュメント』井塚智宏
『小さいそれがたくさんいるところ』綾見洋介

1次選考通過作品

『縁見屋の娘』三好昌子

悪縁により生い先短い不運な娘を救うべく、
謎の修験行者が施す大いなる“秘術”とは?
作品講評作品を立読み


『魔術師』新月座

瀬戸内海の孤島に建つ大実業家の私邸「神綺楼」。
集められた孤児たちを襲う連続殺人事件の真相とは?
作品講評作品を立読み


『信長の首』破屋酔雲

信長を殺した真犯人は誰か?
怪しの忍者〈笑仮面〉は何者か?
謎とアクションたっぷりの時代ミステリー
作品講評作品を立読み


『眠りの海の子供たち』澤江晋平

1995年、沖縄――米兵による少女暴行事件。
その陰で起きたもうひとつの事件とは?
秘すべき過去に囚われた者たちのドラマ
作品講評作品を立読み


『紋白蝶は高貴に散る』近藤健四郎

過去――幽体離脱の実験で命を落とした友。
現在――殺人事件の捜査で出会った少女。
二人の奇妙な相似は何を物語るのか?
作品講評作品を立読み


『沙漠の薔薇』薗田幸朗

イランの核燃料開発施設をめぐる
査察官と女スパイの冒険譚
作品講評作品を立読み


『十四体目の幽霊』富士登湖雪

連続動物殺害事件とストーカー事件の繋がりとは?
五人の視点から語られる青春小説
作品講評作品を立読み


『汽水域』綾稲ふじ子

安直な偽装結婚の先に待っていた思いがけない展開――
不思議と読まされてしまうサスペンス小説
作品講評作品を立読み


『レジスタント・セル』新井春葉

原子炉施設の事故で生き残ったマウスには
放射線の影響を受けない特異体質が備わっていた
マウスの謎が牽引する生物学スリラー
作品講評作品を立読み


『青春は、『レル』なしでは語れない』中川つちか

毎朝のレモン?
饒舌さが心地よい青春ミステリ
作品講評作品を立読み


『萬朝報怪異譚――幸徳秋水の狐落とし』松野未加子

キャラよしストーリーよし――
旧藩主の発狂誘拐の裏に潜む陰謀を幸徳秋水と見習記者が追う!
作品講評作品を立読み


『パスワード』志駕晃

スマホを拾ったハッカー殺人鬼の魔手が迫る
ネット社会の恐怖を描くサイバーサスペンス
作品講評作品を立読み


『変死区域』田内杏典

連続猟奇殺人事件の犯人として自首してきた警察官の真意は何か?
六十年代初頭のデトロイトを舞台に、不変的なテーマを描いた警察小説
作品講評作品を立読み


『愚者のスプーンは曲がる』桐山徹也

超能力は存在するのかしないのか?
常に不幸に見舞われる「ツイてない男」が
おかしな組織、奇怪な事件に巻き込まれる
作品講評作品を立読み


『クルス機関』森岡伸介

日本に潜伏している北朝鮮の工作員が
大規模破壊工作を画策している――
果たして、独断専行の外事課捜査官はテロを防げるか
作品講評作品を立読み


『リサーチャー石井の事件簿 ~仮面ちゃん殺人事件~』小野高義

嘘に嘘を重ねて注目を浴びろ
謎のアイドルの正体を暴く業界小説
作品講評作品を立読み


『暗号遺言』遊民凡吾

身分を偽った詐欺師が金庫の暗号に挑む
軽妙かつシニカルなクライムノヴェル
作品講評作品を立読み


『物語の終わり』君野新汰

呪いと除霊を科学で解く?
怪しげな占い師と精神科医が
女子中学生に依頼された難問に挑んで
作品講評作品を立読み


『救済のネオプラズム』岩木一麻

余命半年の宣告を受けた患者たち
半年後、彼らの身体からがんは消え去っていた
一体がん治療の世界で何が起こっているのか
作品講評作品を立読み


『クライム&パニッシュメント』井塚智宏

刑事が山中に埋めた轢死体は
薬指を切り取るシリアル・キラー
だが半年後、犯行が再開される……
作品講評作品を立読み


『小さいそれがたくさんいるところ』綾見洋介

母の遺言に従って尋ねた男は一家惨殺事件に巻き込まれ30年前に死亡
北海道を舞台に古今に張り巡らされた数々の謎が襲う
作品講評作品を立読み


次回作に期待

あと一歩の作品に選考委員から一言