第16回『このミス』大賞 2次選考通過作品一覧

2次選考の結果、最終候補作は以下の5作に決定しました。
選評には、選考通過のポイントや弱点の指摘などが、的確に書かれています。作品を選ぶ、選考委員の“生”の声ですので、作家志望の方にとっては有益なアドバイスになると思います。今回惜しくも選にもれた方、次回への応募をお考えの方には、ぜひ目を通していただければと思います。

2次選考通過作品一覧

『十三髑髏』水無原崇也
『生態系Gメン』等々力亮
『自白採取』田村和大
『千億の夢、百億の幻』薗田幸朗
『カグラ』くろきとすがや

2次選考コメント

2次選考通過作品

『十三髑髏』水無原崇也

“オーパーツ鑑定士”を名乗る、自分と瓜二つの顔を持つ男
水晶髑髏、黄金シャトル……次々に襲い掛かる事件にオーパーツの影あり
犯人たちの目的とは――?
1次選考講評作品を立読み


『生態系Gメン』等々力亮

希少なチョウの激減と、異常繁殖したと思しきハチの関係は?
瀬戸内海の小島で発生した未曾有の危機に対処する
独立行政法人職員の活躍を描いたサスペンスフルなお仕事小説
1次選考講評作品を立読み


『自白採取』田村和大

手堅い警察小説に練り込まれた非常識な発想。DNAを疑い始めた警部補は、前代未聞の捜査を推し進めていくことになる――犯人たちの目的とは?
1次選考講評作品を立読み


『千億の夢、百億の幻』薗田幸朗

AIが書いたミステリー小説に交差する、現実の殺人事件。
「心を持つ人工知能」の研究の行方は。
1次選考講評作品を立読み


『カグラ』くろきとすがや

訳あり植物病理学者と昔の恋人が挑む
枯死するトマトを巡る殺人と拉致
海外企業の魔の手はどこまで延びるのか
1次選考講評作品を立読み