第6回『このミス』大賞

第6回『このミス』大賞受賞作

『禁断のパンダ』拓未 司

柴山幸太は神戸でフレンチスタイルのビストロを営む新進気鋭の料理人。彼は、妻の友人と木下貴史との結婚披露宴に出席し、貴史の祖父である中島という老人 と知り合いになる。その中島は人間離れした味覚を持つ有名な料理評論家であった。披露宴での会話を通じて、幸太は中島に料理人としてのセンスを認められ、 その結果、中島が幸太のビストロを訪問することになる。一方、幸太が中島と知り合った翌日神戸ポートタワーで一人の男性の刺殺体が発見された。捜査に乗り 出した兵庫県警捜査第一課の青山は、木下貴史の父・義明が営む会社に被害者が勤務していたことをつかむ。さらには義明も失踪していることを知り……。

第6回『このミス』大賞受賞作

第6回『このミス』大賞優秀賞

『呪眼連鎖』 桂 修司

※受賞時のタイトルは『明治二十四年のオウガア』

プロフィールはこちら

第6回『このミス』大賞隠し玉受賞

『林檎と蛇のゲーム』 森川楓子

プロフィールはこちら