第14回『このミス』大賞 1次選考通過作品

第14回を迎える本賞に、計414作品のご応募をいただき、まことにありがとうございました。
1次選考を通過した作品は以下の19作品です。

1次選考通過作品一覧

『僕の人生は君が未来へ ~You’ll tell our future beyond my life~』橿真由宇 『偽りの報酬』高階文彬
『I・D』I・D 『仮性の狂気』烏丸少吾
『カササギの計略』才羽楽 『麦穂の檻』香川伸夫
『女詐欺師』小和田ワコ 『渇いた闇』野口浩孝
『十四番目の月が上る』海江田水戸 『神の値段』一色さゆり
『準備日の五階』秋多川祥二 『飼育瓶』堤リュウカ
『たまらなくグッドバイ』大津ミツオ 『ネットカフェ・チルドレン』井塚智宏
『ロンリー・プラネット』雄太郎 『南の島に物語が降る』木村一男
『ヘリオス・フォーリング』村上暢 『ザ・ブラック・ヴィーナス』城山真一
『病の終わり、もしくは続き』楓蛍

1次選考通過作品

『僕の人生は君が未来へ ~You’ll tell our future beyond my life~』橿真由宇

危険に晒された生命が見える
過酷な宿命を負った少年のドラマ
作品講評


『偽りの報酬』高階文彬

最新の訓練を受けた自衛隊員の起こす不可解な事件
様々なトラブルを起こす私立学校の生徒たち
謎のシステムは一体何をもたらすのか?
作品講評


『I・D』I・D

太陽のない世界に住む16歳の姉イトと中一の弟ヤーに
フルートの天才や老女画家、小説家が絡んで
謎の電子書籍を巡り意外な結末へ
作品講評


『仮性の狂気』烏丸少吾

俺はいったい誰なんだ? 鏡の中には見知らぬ自分
アイデンティティを失った男、妻の行方を捜す男、連続殺人を追う刑事たち
彼らが見出した真相とは……?
作品講評


『カササギの計略』才羽楽

平凡な大学生の前に現れた謎の美女
彼女が会いに来た理由と“計略”とは?
作品講評


『麦穂の檻』香川伸夫

製パン会社資材部の30過ぎのOLは犯罪者
リストラされそうになって会社に反撃に出る
あの手この手の違法な手段が新鮮
作品講評


『女詐欺師』小和田ワコ

ヤミ金の事務員から、詐欺グループの幹部へ
汚れた社会を生き延びる女の運命は……?
作品講評


『渇いた闇』野口浩孝

過去のいじめ自殺が事件の発端なのか
発見された刺殺死体が過去を蘇らせる
じっくり読ませる本格派警察小説
作品講評


『十四番目の月が上る』海江田水戸

虐待されて育った少年、孤立気味の少女
その周囲で起こった殺人とは……?
作品講評


『神の値段』一色さゆり

人前に姿を見せない前衛芸術家・川田無名
唯一その正体を知るギャラリー経営者の死
果たして無名に隠された秘密とは?
作品講評


『準備日の五階』秋多川祥二

学園祭の準備日にトラブルが頻発
実行委員長が奔走する青春ミステリー
作品講評


『飼育瓶』堤リュウカ

大きな虫の体内に潜り込んでみよう
救われるよ――
作品講評


『たまらなくグッドバイ』大津ミツオ

八百長疑惑で自殺した往年の名投手
彼にまつわる数々の謎の真相は?
作品講評


『ネットカフェ・チルドレン』井塚智宏

ネットカフェ難民の若者が出会ったワケありの人々
四つの事件からなる連作ミステリ
作品講評


『ロンリー・プラネット』雄太郎

3000人が住む中年単身者限定マンションで
奇妙な人たちが奇妙な殺人事件に遭遇
特異な設定をリアルに描ききる力作
作品講評


『南の島に物語が降る』木村一男

「芋虫」+『ジョニーは戦場に行った』!
ルソン島攻防戦と伝単作戦を巡る奇妙な物語
作品講評


『ヘリオス・フォーリング』村上暢

舞台は上空三〇〇〇メートル
武装ゲリラが巨大飛行船で起こした人質事件を解決せよ!
作品講評


『ザ・ブラック・ヴィーナス』城山真一

必要なお金のかわりに
自分の最も大切なものを差し出せますか
――金を通じて人の心を描き出す小説
作品講評


『病の終わり、もしくは続き』楓蛍

大量殺人を目論む女子高生の運命は?
悪意が悪意を呼ぶ学園サスペンス
作品講評


次回作に期待

あと一歩の作品に選考委員から一言